【Curriculum】



ホイスコーレのカリキュラムは…

「私を知り、私を愛する」
「地球の営みを知る」
「インスピレーションを高める」

この3つのテーマを元に構成されます。


ホイスコーレはセラピストとしての知識と智慧を学ぶ場所ですが、
セラピストはまず「愛」に満たされた存在でなければいけません。
なぜなら、セラピストは愛を知り、愛を伝え、クライアントを愛する仕事だからです。
ホイスコーレは私自身を癒し、愛するレッスンから始まります。

そしてセラピストとしてもっとも大切なこと、それは「インスピレーション」。
あらゆるものを飛び越えてやってくる直感をしっかりキャッチして、
現実に惑わされずアドバイスや施術を行えるかどうかがセラピストには求められます。
自分の心身がクリアになり、解放に向かうことでインスピレーションは自然と高まっていくもの。
直感を高めるための心身を育むことも大切なレッスンとなります。


セラピストは誰よりも「私自身」であり、
そして、誰よりも地球を愛する存在であること。

さぁ、「私自身」を愛し、地球を愛するレッスンを始めましょう。

私達の感覚を解放させ、全ての生命とつながるのです。



JUNCIHI OGAWA






[day.1] 11:00〜16:30
【ウォーミングアップ】


まずは縁あって集まった生徒の皆さんと呼吸を合わせ、意識を共有していく時間です。
自己紹介や簡単な瞑想、心をほぐす準備体操をしてホイスコーレの感覚を掴んでいきましょう。
セラピストに必要な生活習慣のお話しや、心身をクリアにしていくための瞑想法の練習なども行います。


[day.2] 11:00〜16:00
【イメージング】


例えば、一枚の写真からストーリーを想像し、組み立てていく。
そうやってイメージ力を身につけることで、魂のヴィジョンやメッセージ、瞑想などもさらに深いものとなります。
過去、現在、未来。空想と現実のあいだ。
目を閉じて、見えない世界にダイブするためのイメージ力を養う時間です。


[day.3] 11:00〜16:00
【解放】


「私達は一人ひとりがダンサーだ」という言葉があります。
目を閉じて、自分が人からどう見えるかというところからも解放され、
ただひたすらに自分の体がゆきたい方向へと体を滑らせていく。
表現するためでなく、解放するための踊りを体験して、心身を解放させていきましょう。
その解放された状態で私自身が歩んできた魂の歴史[過去世]を感じていきます。


[day.4] 11:00〜17:00
【チャクラ】


「チャクラ」というエネルギーセンターが全身に七つ散りばめられています。
七つのチャクラのぞれぞれ役割を学びながら、
ハーブやクリスタル、アロマとチャクラの関係もお伝えします。
チャクラを感じる瞑想法も体験しましょう。



[day.5] 11:00〜17:00
【オーラ】


私達の体の周りには「オーラ」と呼ばれる光が放たれています。
誰もが持つその光を、誰もが感じることができます。
心の眼を開き、さぁ、新しい世界をその目でたしかめよう。


[day.6] 11:00〜16:30
【つながる】


チャネリング、という方法があります。
頭をからっぽにして、体の力を抜いて、全身でこの宇宙の流れを感じていれば、
ふとたくさんのインスピレーションが湧き上がる瞬間があります。
私のなかの宇宙と「つながる」ためのレッスンです。


[day.7] 11:00〜16:00
【セッション】


さぁ、いよいよセッションについて学んでいきます。
セッションから見る私達の思考のしくみや対話の方法を、
男女の性質の違い、親と子の関係、ストレスのしくみを交えてお伝えします。


[day.8] 11:00〜16:00
【セッション】


互いにセッションをしながら、対話の感覚を掴んでいきます。
それぞれの未来を想像し、インスピレーションを伝え合いましょう。


[day.9] 16:00〜20:00
【会食】


この日は初めての夜の開催。
みんなで料理を作り、食卓を囲んで卒業を控えた心境やホイスコーレで感じてきた事を伝え合いながら、美しい一夜を共に過ごします。
きちんとテーブルセッティングをして、セラピストとして美しく暮らすことを伝えます。


[day.10] 11:00〜17:00
【セッション&セレモニー】


さぁ、いよいよホイスコーレ最終日となります。
この日はそれぞれが得意な方法、試してみたい方法で互いに自由にセッションをします。
セラピストとして飛び立つための小さな儀式も行います。
卒業のとき、あなたにとって素晴らしい門出となりますよう。




メールマガジンの登録

メールアドレス