目がまわる




僕らはいま、やさしい竜巻のなかにいる。

その竜巻は
時に激しく、時に回転を速くし、
どこに連れて行かれるのか、僕らは不安になりながら、
そのぐるぐるに身を任せ、未来とその竜巻に賭けている。

不思議と、心地いい。
そして、ぐるぐると廻るうちに、360°まわりを見渡せて、
だんだんと自分のことを理解し始める。

そう、僕らは最初から、僕らだ。
そして僕らは大きなうねりの中を、最初から生きている。
だから、この状態はむしろ、自然なのだ。
今まで自分たちの力でなんとかしようとしすぎていた。
自然を信頼していなかった。

僕らは自然の一部だ。僕らが自然なのだ。
そんなことを思いながら竜巻に身を委ね、
ぐるぐると、
今日もぐるぐると、目をまわす。

でも、不思議と心地いい。
そして、僕の未来は、目をまわすほど、定まってくるような、感覚を覚える。




メールマガジンの登録

メールアドレス