イベントレポート



11月の終わり、瞑想ワークショップの第2回目を開催しました。


椅子に座って静かに瞑想…

心がリセットされる時間です。


今回は、グラウンディングという「地に足をつける」瞑想法をみなさんに体験していただきました。

地に足がつくと、迷いや不安がなくなり、落ち着く心を取り戻せます。

初めての方もいらっしゃいましたが、皆さんしっかり瞑想ができたようです。


瞑想のあとは梅永真衣さんによる朝の軽食の時間。

今回はさつまいもとホワイトチョコのスコーンと、焦がしバターのパウンドケーキ。

僕はホットアーモンドソイというドリンクをご用意しました。

こんな贅沢な朝時間を過ごしてみるのもたまにはいいかも。












そして、昨日は今回で3回目となる坂井順子(さかいよりこ)さんの「暮らしのレッスン」。

師走突入!ということで、お正月を迎えるレッスンをしていただきました。


恒例のお昼ご飯は、坂井さんのお節レシピから
・黒豆煮と花豆煮
・紅白なます
・りんごのきんとん
・焼豚

それからお雑煮もご用意してくださり、ひと足早くお正月気分を味わいました。

レシピを見ながら、お節やお雑煮の作り方や盛りつけ方など詳しく教えていただきます。


坂井さんのお話しは、生活を丁寧に過ごすヒントがたくさん散りばめられています。

生活の中でも、やはり食は「基本」なのだそう。

「食」を丁寧に楽しむご家庭はみんな元気。
とっても大切なものなのですね。



坂井さんのこんな言葉が印象的でした。

「体に良いからと食べるより、美味しいからという理由で食べるものの方が、

元気で健康になれるのです」


本当にそうだと思います。

美味しいものを楽しくいただく。

愛情持って作ってくれた美味しそうなものを食べると、どんな人も元気になります。


食べることに神経質にならずに楽しんで、と何度もおっしゃっていた坂井さん。

生活の基本を教えて頂いたような気がします。
























瞑想ワークショップ、坂井さんの暮らしのレッスン、共に来年も開催予定です。

ぜひご参加ください。




メールマガジンの登録

メールアドレス